研究

[初心者向け]生命科学系論文を読む時に必要な英語が覚えられる2冊!

生命科学系の専門分野の英語論文を読む時に専門的な聞いたこともない英単語が出てくるけど毎回調べてしまいます。もっと効率の良い方法はありませんか?

本日はこのような疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 生命科学系論文に出てくる英語の対処法
  • 個人的な論文の読み方
  • まとめ

大学院に通い、研究をしながらブログを書いています。

こそあど(@ksad510310)と申します。

生命科学系論文に限らず、英語の論文で出てくる単語には訳すのが難しい単語が出てくることがあります。

そのような単語をある程度把握できるようにするための方法を紹介していきます。

読んでほしい人

論文を読み始めたばかりの初心者

 

生命科学系論文に出てくる英語の対処法

論文に出てくる単語は、基本的に出てきたときにWeblio英語辞典Google翻訳で調べることをおすすめします。

しかし、何度も出てくるような単語もあるわけで、いちいち調べるのも面倒だなと思ったときに、前もってある程度単語の性質を知っておくと、単語自体の意味が分からなくても想像することができます。

私が、紹介するのはこの2冊です。

  • 医学英単語
  • 微生物・バイオ領域の英語表現文例集

 

医学英単語

私が使っていたのは、「医学英単語」です。

 

 

この単語帳の良い点は、病気に関連した接頭辞・接頭語を3つの例を挙げて示しているところです。

正直、各ページ内容が単語だけで薄いと感じるのですが、体の大体の部位や病変を表す接頭語などを覚えることができます。

例えば、脳・神経という章ならば、

encephala(o)-      脳

  • encephalitis     脳炎
  • encephalomyelitis  脳脊髄炎
  • encephalopathy   脳症

cerebr(o)-       大脳

  • cerebral       大脳の
  • cerebrovasucular  脳血管性の
  • cerebrospinal    脳脊髄の

接頭語・接頭語

  • -itis         炎症
  • -pathy       病気
  • myel(o)       脊髄, 骨髄

-医学英単語 p. 8-

このように、接頭辞接頭語を覚えていくことでその組み合わせで新しく出てきた言葉も覚えることができる方法となっています。

実際、生物系で論文を読んでいても上のような単語はめったに出てこないと思いますが、医学よりの生物系論文では頻繁に出てくるので覚えておいて損はないかと感じました。

全体は23章に分かれていて、

  1. 脳・神経
  2. 心・血管
  3. 呼吸器
  4. 消化器
  5. 泌尿器・生殖器
  6. 婦人科
  7. 耳鼻・咽喉
  8. 血液
  9. 内分泌
  10. リンパ・免疫
  11. 頭部
  12. 口腔
  13. 胸部
  14. 腹部
  15. 骨・筋肉
  16. 皮膚・関節
  17. 細胞・組織
  18. 物質・性質
  19. 行為・人
  20. 病状・病変
  21. 状態・程度
  22. 位置・場所

私の研究分野では、「消化器」、「眼」、「内分泌」、「リンパ・免疫」、「皮膚・関節」、「細胞・組織」のあたりは役に立ちました。

医療に関わる研究の論文を読むならば、知っておくべき単語がそろっています。

ぜひ確認してみてください。

 

微生物・バイオ領域の英語表現文例集

一度、海外留学をする前にある程度実験ノートを英語で書けるようにしておこうと読んでいた本が、微生物・バイオ領域の英語表現文例集です。

 

 

この本は、少し古めかしい書き方になっているので今時の人が読むには抵抗があるかもしれません。

本の内容は、単語にあった例文が書かれてどのような文脈で使うのかということが分かるようになっています。

例えば、

抗原 Culture antigens were prepared for heat treatment by suspending pelleted cells from washed broth cultures in a minimal amount of saline(0.85%NaCl).(~が…によって調整された)

増殖 Bacteria from slants were propagated overnight (9-12 hr) in 10 ml of MRS broth. (栄養豊富な培地上で~させられた)

培養 A fresh overnight culture in M17 broth was diluted with normal saline (1:10). We prepared fresh cultures at monthly intervals by incubating the inoculated media for 3 to 4 days at 30℃. ≪新鮮な~≫

-微生物・バイオ領域の英語表現文例集より-

というような文章で使い方を例示していっています。

これらの表現は、論文のメソッドにも出てくる表現ですし、普通に高校までの勉強や学部までの勉強でも結構わかる範囲ですが、もっと専門的な用語になってくると分からなくなってい来るのでたまに辞書代わりに使うこともあります。

論文を書くときにも、参考に用いることができそうですね。

英語を勉強するモチベーションを保つのは大変だと思います。

そんな時はこちらの記事も読んでみてください。

英語の勉強を続けるモチベーションを保つための3つの戦略! 本記事では、このような悩みに答えていきます。 本記事の内容 モチベーションを保つための3つの戦略 英語...

 

実際の論文の読み方

私は、まだまだ論文を熟読するには未熟な人間で読み方を人に教えられるほど優れてはいないけれど、個人的に今の能力で論文を読む方法を紹介したいと思います。

まず、

  • しっかり読み
  • ザックリ読み

の二つの読み方があります。

教授からこれ読んでおいてと渡されれば、しっかり読みをします。

もしくは、今の実験のキーとなる実験を行っているような論文はじっくり読みます。

一方、どこかに探している情報が落ちていないかなという状況で論文を読む時はザックリ読みです。

「しっかり読み」の時は、一から隅々まで訳していき、重要な部分はメモしながら読んでいきます。

「ザックリ読み」の時は、次のような順序で読んでいきます。

  1. アブストラクトを読む
  2. アブストラクトが理解できなければイントロを読む
  3. 結果を見る(図があればわかりやすい図から読み解いていく)
  4. 後は自由に

 

1. アブストラクトを読む

アブストラクトは、論文の一番最初に書かれている論文全体の要約になります。

ここで、自分が興味のある論文なのか確認しておく必要があります。

主に検索は、タイトルで探すので、タイトルをよんでわからないということがあればこの部分で確認することになるでしょう。

この部分で、書かれている全体像を想像するようにしています。

 

2. アブストラクトが理解できなければイントロを読む

アブストラクトで書かれている全体像が把握できそうならさっそく結果を読んでいっても構わないと考えています。

けれど、これから勉強していく新しい分野では、どんなバックグラウンドがあるのかを理解していないと読み進めても「何のこと?」となるので、ここでしっかりと必要な情報を集めきります。

abbreviationなどの略語が多く書かれていたりするので、その確認のためにも読んでおくべきだという考えもあります。

慣れてくると、略語もわかるので自然とすぐに読めるようになるでしょう。

 

3. 結果を見る

イントロと結果の間にメソッドが来る場合がありますが、最近はすぐに結果が来る論文も多いですよね。

ジャーナルの違いだったかもしれませんが。

結果は、まず図が読み取れるようにすると理解も進むと考えています。

文字よりも絵の方が理解しやすいのは言わずもがなです。

グラフの読み取り、Positive controlNegative controlをしっかり見極めるという話だったり、この論文の結果は、何と比較して結論付けようとしているのかとか考えながら読み解いていくと理解が進むのではないでしょうか?

 

4. あとは自由に

後は、方法考察などがありますが、興味をもってじっくり読みたければ読むというスタンスで読んでいます。

実験を再現してみたいや応用してみたいと思えば方法を見ますが、思ったより具体的に書いていないので、試薬サイトや他の論文、方法をまねた元の引用論文などに移って読むものを変えていきます。

考察は、筆者が語りたい次につなげる仮説などを参考に実験を考えていくということもできます。

 

人それぞれで目的によって論文の読み方はいろいろあります。

どれが正しいかなんてものはないので、論文に書かれている内容を理解できれば問題はありません。

英単語を覚えながら、どんどん論文を読んでいきましょう!

 

まとめ

初心者が論文を読み始めてすべきなのは、英単語のストックをためることです。

また、自分自身で書くことも考えながらその単語の使い方を覚えていくことも重要です。

参考に2冊挙げましたが、使いやすいものを使うと良いです。

ただ、ネットでは専門用語を学ぶ場所というのがないので書籍を購入して少しずつ学んでいくのが近道です。

論文初心者を脱出するために頑張っていきましょう。

また英語の力も高めていきましょう!

[大学生向け]TOEIC400点だった僕が600点を超えるようになった勉強法 本日はこのような疑問に答えていきます。 本記事の内容 TOEIC600点を取るために必要なこと おすす...