ライフハック

[人間関係]大学生でコミュニティが狭いと感じた時に実行したいこと

大学に通っていて、部活やサークル、同じ学科の知り合いばかりでコミュニティが狭いと感じるけどどうしたらいいだろう?

本記事では、このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 大学生がコミュニティを広げる方法
  • 仲の良い関係を築くために必要なこと
  • まとめ

大学院に通い、研究をしながらブログを書いています。

こそあど(@ksad510310)と申します。

大学3年生や4年生になると部活サークル引退でコミュニティから離れなければいけないときがありますよね

そんな時に、お勧めしたいコミュニティを広げる方法を私の体験談をもとに説明していきたいと思います。

 

大学生がコミュニティを広げる方法

大学生が新しくコミュニティを広げる方法はいくつかあります。

  • 趣味を活かしたコミュニティ
  • 学問の専門性を活かしたコミュニティ
  • アルバイト

順番に説明していきます。

 

趣味を活かしたコミュニティ

自分自身が、趣味としていること発信する場所に行ったり、新しく始めたりすることでコミュニティを広げる方法です。

私の場合、

趣味:ジャズ

ジャズバーなどのお店に行きセッションに参加する → 共演者と知り合いになる

趣味:ボルダリング

ボルダリングジムに1年ほど通う → お店のボルダリング仲間と飲みに行くようになる

 

  • コミュニティを作ることにお金をかける(お金を惜しんではいけない)
  • 自分自身が下手でも動くこと(例:ジャズ→演奏、ボルダリング→壁を登る)
  • 継続して通い続ける

 

一方、ネットで趣味に関する友達を募ってもいいと思います。

 

ただし、上記の二つと同じように自分自身の挑戦が必要になると思います。

  • ゲーム → プレイし続ける
  • 絵を描く → 書いて発信し続ける
  • アニメ好き → 情報や感想を発信し続ける

 

新しいコミュニティを作りたいと思ったら、まず3カ月くらいを目安に挑戦し、それを発信してみることをお勧めします。

重要なのは、発信することです。

ネットでも現実でもあなたが活発に動いていることを知れば、興味を持ってくれる可能性があります。

挫けずにに頑張りましょう!

 

学問の専門性を活かしたコミュニティ

学部内で知り合い入るけれど、あまり深い関係ではない子が多いかな

このように感じている方は結構いるのではないかと思います。

それなら、より専門性の高いコミュニティに参加してみることをお勧めします。

私の場合、

  • 英語の力をつけたい! → 短期留学や長期留学 → 共に学ぶ仲間ができる
  • 大学で開かれるセミナーを受けに行く → 専門性の合う人と出会える
  • 県外で開かれるある分野の短期勉強合宿に参加 → 同じ分野で勉強する人と意見交換

 

  • 大学が発信している情報をしっかりキャッチし、申し込みなどがあれば忘れずに思い切って参加してみる
  • セミナーは掲示板に張られていることが多いので、要チェック
  • 専門分野について発信している県外の研究機関などの情報発信も調べてみる。

 

重要なことは、大学が発信していることです。多くの人が、興味がないとスルーしてしまう通知にも新しいコミュニティを広げるチャンスが眠っています。

さらに、場合によってはイベントに参加すると旅費などのお金を出していただける場合もあります。

私も、短期留学で11万ほど大学や後援会などの寄付からお金をいただいて勉強させていただく機会もありました。

私は、放射線取扱主任者の勉強をしていました。

そのため、放射線の勉強のために放射線医学総合研究所での合宿に参加しました。

これは、学生だと1週間、寮に泊まるお金も出していただくことができます。

詳しくは放医研でお調べください。

 

アルバイト

新しくアルバイトを始めることが一番手っ取り早かったりします。

しかし、出来上がっているコミュニティに大学3,4年生で入るというのも少し気まずいところがありますよね。

そんな時には、短期で募集しているバイトに参加するというのもいいのではないかと思います。

私は、神社の売り子のアルバイトをしていました。

[大学生向け]学生のアルバイトはどんな仕事を選ぶべきか? 本記事ではこのような疑問にお答えします。 本記事の内容 アルバイトの分類・体験談 アルバイトの学生生活...

そこで、知り合った気の合う仲間とは仲良くなり、一緒に出掛けることもありました。

思い切って行動することが一番です!

 

仲の良い関係を築くために必要なこと

新しいコミュニティに入っても上手くなじめなくてコミュニケーション能力がないのかも…

そんな時は次のことを意識しよう。

  • まず名前を覚える(教えられたら3回はどのタイミングでもいいので口に出そう)
  • 笑顔を忘れない(笑顔が苦手でも明るく振る舞おう)
  • 聞き手に回る(あまりしゃべりすぎないようターン制を意識するといい)
  • 興味のある話には食いつく(相手が関心を持っていることには特に相槌を打ってあげる)

これらのことを意識していれば、新しいコミュニティに参加するときにも大丈夫!

しかし、これにもやってきたことがない人は少しの努力は必要です。

  • 名前を忘れないために、その人の外見、特徴、趣味、特技などその人の個性と言える部分をメモしておき、セットで覚えておくと特に忘れません
  • 笑顔が苦手な人は、口角を上げる癖を日頃から意識して行っておくと良いです
  • 誰かと話をする際に、相手と自分の話の対応数を数えてみて、自分の方が少し少なくしておくとよい
  • 相手に話しかけるとき、相手の趣味から話しかければ、近づきやすい

 

まとめ

今の狭いコミュニティを広げるためにこれからしていくことは以下のようにまとめられます。

趣味を活かしたコミュニティ

  • 人が集まる所にお金を払って参加してみる
  • 継続して参加し続ける

学問の専門性を活かしたコミュニティ

  • 大学や学校の発信しているイベント情報にアンテナを張っておく
  • 県外で行われているセミナーや短期合宿なども調べてみる

アルバイト

  • コミュニケーション能力で仲間を作る

またこれらを進めていくうえで次の記事を参考になると思います。

以上です。

読んでくださりありがとうございます。少しでも参考になれば幸いです。