ライフハック

[生活]大学生活がつらいと感じた時に考えられる解決法

大学生活している中で、進路のことを考えるとどうしていいかわからない
研究がつらくて研究室に行きたくない

本記事では、このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

  • 悩んでつらくなったときに考えられる選択肢
  • 実際の体験談
  • まとめ

大学院に通い、研究をしながらブログを書いています。
こそあど(@ksad510310)と申します。

生活の中で人間関係や勉強についての悩みは生まれてくると思います。

その時に、くじけてしまうこと、諦めてしまうこともあると思いますが、そんな時にどう考えていくと良いのか書いていきます。

 

悩んでつらくなった時に考えられる選択肢

学生でも社会人でも傷ついたり、疲れたり、自分が向かっている方向が分からなくなる時ってありますよね。

そんな時に、何も手につかなくなることがあると思います。

また悩みは、肉体的疲労からの悩み精神的疲労からの悩みがあります。

共通して行うべきことは次のことです。

  • 「起こりえる最悪の事態とは何か」を自問自答すること
  • 事実の把握 → 事実の分析 → 決断 → 実行
  • 精神を安定させる帰るべき場所(考え)を作る

そしてこの言葉を知ってほしいです。

悩みに対する戦略を知らないものは若死にする

-道は開ける 著:D.カーネギー より-

 

肉体的な疲労からの悩み

あなたは毎日、アルバイトをしたり、ご飯を作ったり、掃除をしたり様々な日常の仕事をしていると思います。

また、それと並行して友達と遊んだり、目指しているもののためにストイックに無理して部活の練習をしたりすることもあるかもしれません。

他にも、研究で研究室に籠り、夜まで動き続けることもあるでしょう。

そんな時に大事なことは次のことです。

  • 正しい生活リズムに戻す(例:睡眠時間、食事時間、帰宅時間)
  • それが難しいようであれば、一度逃げてみる、離れてみる
  • 一定のリズムで深呼吸をする、瞑想をする、全身をできるだけ伸ばす

肉体的な疲労の多くは、睡眠や生活リズムに起因しています。

一度、生活をリセットすることが悩みを解決する一つの方法です。

 

精神的疲労からの悩み

精神的な悩みには、人間関係や自身の将来の不安病気などの外的要因など様々です。

これらは、肉体的な疲労と重なって過去、多くの人間を死に追いやってきました

現代でも悩みによって自分自身を追い込んでしまう人もいるのではないかと思います。

そんな時にはこう考えたらいいのではないでしょうか。

  • 今日、一日の区切りで生きる
  • 悩みを詳しく書く → 自分のできることを書く → 決断する → 実行する
  • 忙しい状態でいること、悩む暇もないほどの作業で頭の中を空っぽにする
  • 記録や事実を調べる、不安ごとが実際に起こる確率を調べる
  • 他人に何か(知識、技術、善意など)を与えられる人間になる
  • これ以上考えられなければ休学という選択肢も考える

「小事にこだわるには人生はあまりにも短い」

-道は開ける 著:D.カーネギー より-

これらの助言は、誰がどんな悩みを抱えているのかはわからないのですべての悩みに当てはまり、解決できるとは思っていません。

けれど、自分自身の気持ちに向き合って最善を尽くすことができれば、新たな考えが湧いてくるかもしれません。

口角を上げ、快活に生活をしていくことが幸せを引き寄せる一番の近道です。

 

実際の体験談

私は、以前アレルギーによるアナフィラキシーショックで入院することがありました。

そのころには、多くの悩みが私に襲い掛かっていました。

  • 体力の低下による体の緊張(足が歩行中に吊る、朝腰の激痛で布団から起き上がれない)
  • 入院している間に手をかけていた部活の後輩がうつになりひきこもる
  • 部活の任されている仕事をこなさなければいけないプレッシャー
  • 勉学をこなさなければいけない労力

などで、毎日が睡眠不足で頭を正常に働かせることが難しい状態でした。

そんな中、私を救ってくれたのは数冊の本でした。

「道は開ける 著:D.カーネギー」

「EQ こころの知能指数 著:ダニエル・ゴールマン」

「思考の生理学 著:外山滋比古」

本は、人の心を広げます。

興味があれば、読んでみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

大学生になり、留年や病気、人間関係様々な要因で生きていくことがつらくなることがあると思います。

そんな時には、一度自分自身を見つめなおしてみてほしいです。

悩みはだれかが解決してくれる場合がありますが、多くは自分自身で解決しなければなりません。

その答えは、常に自分自身の中に眠っていると思います。

その答えが、本の一節や誰かの言葉、音楽などをきっかけに発現していきます。

そして、あなたの人生を、あなたの好きなことで埋め尽くすことができます。

そうすれば、もっと自由に生きていけるでしょう