資格

TOEIC600から700点への勉強に役立つ「特急シリーズ」おすすめ7選!

今回は、私がTOEIC600点から700点まで上げるのに役立てた「特急シリーズ」でおすすめの参考書について紹介していきます。

 

本記事の内容

  • 特急シリーズとは?
  • おすすめの参考書7選
  • 勉強方法
  • まとめ

大学院に通い、研究をしながらブログを書いています。

こそあど(@ksad510310)と申します。

私が、TOEICの勉強を隙間時間に行うためにおすすめしたい「特急シリーズ」の参考書について説明していきます。

読んでほしい人

  • TOEIC500~600点から抜け出せない人
  • 日常の中で長時間の勉強が難しい人

 

特急シリーズとは?

「特急シリーズ」とは、本屋さんなどで売られている文庫本サイズの英語の参考書のことです。

著者の方は、TOEICを何度も受けて満点を取ってきたスペシャリストが多く、問題だけでなく間に挟まれている英語学習に対する姿勢などもアドバイスしてくれます。

この特急シリーズを使って勉強する利点は、

  • 文庫本サイズで持ち運びでかさばらない
  • 問題の解き方のテクニックが丁寧に書かれている
  • 解答解説が分かりやすい(同義語なども教えてくれる)

と使っていて、好きになってしまいました。

文庫本サイズで持ち運びがかさばらないですが、それさえも面倒ならばabceedというアプリで電子版を購入することもできます。

大学生はTOEICで高得点を取るためにabceedを使いこなそう! 本日はこのような質問に答えていきます。 本記事の内容 TOEICの勉強にお勧めなアプリabceedとは? ...

出かけ先の空き時間でも気軽に問題を解くことができます。

 

おすすめの参考書7選

私が、おすすめしたい特急シリーズ参考書7選は、

  1. 新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
  2. 1駅1題 新TOEIC TEST 文法 特急
  3. 新TOEIC TEST 文法 特急2 急所アタック編
  4. TOEIC L&R TEST 読解特急2 スピード強化編
  5. TOEIC L&R TEST パート6 特急 新形式ドリル
  6. TOEIC L&R TEST 読解 特急5 ダブルパッセージ編
  7. 新TOEIC TESTパート3・4 特急Ⅱ出る問総仕上げ

の以上になります。

主に目的としているのは、

  1. 単語力
  2. 文法力
  3. 間違えやすい構文
  4. 読解スピードの把握
  5. 穴抜け問題に対応
  6. 二つの文章を並行して読み比べ
  7. リスニングの大部分を占める問題を掴む

といった感じです。

 

1. 新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ

 

大学生の多くがこの本を持っているところを見かけます(笑)

銀のフレーズと金のフレーズが売られているようですが、500点を超える方には金のフレーズにしましょう!

英語の中でも重要な単語力を鍛えるためにも、この本はとても役に立ちます。

600点レベルの単語から990点までの単語をそろえていて、今の目標にあった単語を少しずつ読んで覚えていくことでステップアップすることができます。

従来の単語帳と同じように、赤色のシートで隠しながら地道にやっていくというものですが、abceedのアプリを使えば音声データもダウンロードできるので目と耳を使って単語を身に付けていくことができるのでぜひ使いましょう!

 

2. 1駅1題 新TOEIC TEST 文法 特急

本書は、初級編、中級編、上級編と様々な点数の人がステップアップしていくことのできる問題が用意誰ています。

ちなみに本書は、私が大学に入学して初めてTOEICを受ける際に買った本です。

この本では、リーディングの一番最初の問題から出てくるような穴抜けの文に単語を埋める問題がでてきます。

章ごとに制限時間が設定されているので、携帯や100円均一などでストップウォッチなどを買って、しっかり時間をはかって行うと判断スピードが上がっていきます。

どの参考書でも同じですが、時間が示されている問題ではその時間をきっちり守って問題を解くことを心がけましょう。

だらだら問題を解いても一向に点数が伸びない可能性があります。

常に時間を意識して本番の意識を保ちましょう!

 

3. 新TOEIC TEST 文法 特急2 急所アタック編

本書は、章によって問題数はまちまちですが、合計130問の穴埋め問題が用意されています。

作者は、一つ前の文法特急と同じ花田徹也さんです。

この急所アタックは、とにかく痛いところをつついてきます

時間をかけると制限時間に間に合わないし、吟味を甘くして選択肢を選んでしまうとすぐに問題を落としてしまうという構成になっています。

「しっかりと迅速かつ正確な攻略法」を読んで何度も取り組みましょう!

 

4. TOEIC L&R TEST 読解特急2 スピード強化編

本書は、3問30セットで構成されています。

この参考書でやるべきことは、自分自身の読むスピードを知ることです。

一題当たりの文字数が一番最初のページに書いてあり、それを参考に自身が1分間あたりに何語ほど読むことができているのかを把握することができます。

最低でも1分間150wordを目標にして読み進めていきましょう。

また、グラフが本書内に用意されているので、自身の進捗を可視化してその力量を少しずつ確かめていくと良いでしょう。

 

5. TOEIC L&R TEST パート6 特急 新形式ドリル

本書は、40問ずつ3セットで構成されています。

リーディングの穴抜け問題の次に出てくる難関です。

パート6を早く解ききってしまえば、長文問題に多くの時間がさけます

しかし、パート6は、単語を入れるだけではなく、文章なども入るため、文の前後の文脈を理解しないといけないため難しいです。

問題数を重ねて、速読と単語力を鍛えましょう!

 

6. TOEIC L&R TEST 読解 特急5 ダブルパッセージ編

本書では、5問付ダブルパッセージの問題が20セットで、合計100問の問題が用意されています。

ダブルパッセージは、並行して文章を読み解いていく問題で、苦手な人には時間がかかってしまう問題となるため訓練が必要です。

「特急シリーズ」の参考書は、本番より比較的になっていますが、その問題の正答数に対する評価は結構信ぴょう性があるので、正答数も確認しながら問題を解いていくことが重要です。

本書でも、時間をはかって1分間に読めるword数が確認することができるようになっています。

また、問題の正答数に応じた自身の実力も確認できるので、ぜひ活用していきましょう!

 

7. 新TOEIC TESTパート3・4 特急Ⅱ出る問総仕上げ

本書は、30問4セットで構成されていて、120問の問題を解くことができる。

リスニングの大部分である、Part3, Part4の練習にはもってこいの問題集です。

また、600点を超えるための方法でも語った声に出して読む練習にも使うことができるのでぜひおすすめです。

[大学生向け]TOEIC400点だった僕が600点を超えるようになった勉強法 本日はこのような疑問に答えていきます。 本記事の内容 TOEIC600点を取るために必要なこと おすす...

ちなみに、私は本書で音読練習を行っています。

もしくは、新公式問題集のPart3, Part4の部分を使っています。

リスニングを鍛えたい方は、本書で力をつけましょう!

 

勉強方法

おすすめは、600点を超えるための方法で述べたことと同じようにリスニングを鍛え続けることです!

この方法が、結論として点数を上げるために一番コストパフォーマンスが良いからです。

ただし、700点越えてから通用しなくなってくるので、注意です!

まず、700点を目指すなら空き時間に、上記の7つのうちいくつか選んで読み倒すことです。

私は、上記すべて累計5周以上はしています。(期間は空いていますが…)

TOEICテスト前には、3週はできるように前もって調節しながら生活していくことで700点を取ることができたので、回数とスピードを意識して参考書に取り組めば、700点は余裕で超えることができます。

ぜひ頑張ってみてください!

 

まとめ

今回、紹介した「特急シリーズ」は以下の7冊です。

  1. 新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
  2. 1駅1題 新TOEIC TEST 文法 特急
  3. 新TOEIC TEST 文法 特急2 急所アタック編
  4. TOEIC L&R TEST 読解特急2 スピード強化編
  5. TOEIC L&R TEST パート6 特急 新形式ドリル
  6. TOEIC L&R TEST 読解 特急5 ダブルパッセージ編
  7. 新TOEIC TESTパート3・4 特急Ⅱ出る問総仕上げ

 

紙媒体でも、abceed内での購入でもどちらでも好きなほうで勉強して、700点取れるように頑張ってください!

  • 単語力
  • 文法力
  • 間違えやすい構文
  • 読解スピードの把握
  • 穴抜け問題に対応
  • 二つの文章を並行して読み比べ
  • リスニングの大部分を占める問題を掴む